NG

排卵をチェックする方法

排卵をチェックするには、排卵検査薬を使ったり、基礎体温から推測する等があります。具体的にはどのようにチェックするのでしょうか

・排卵検査薬の使い方
人によって差がありますが、生理が終わったらおおよそ1週間かけて、左右どちらかの卵巣にある卵胞が少しずつ大きくなっていき、熟した卵子が排出される、つまり排卵が起こります。
排卵検査薬を使って排卵の時期をチェックする場合、生理が終わったら、毎日時間を決めて採取した尿に検査薬をひたし、おおよそ5分ほど放置します。
排卵が近ければ試薬にくっきりとしたラインが表れ、そこから24時間後に排卵が起こると考えられます。
薬局で排卵検査薬を購入する際には、薬剤師により説明を受けるよう決められていますので、不明な点があったら気軽に薬剤師に聞いてみましょう。

・排卵日から確認
基礎体温をある程度の期間付けていて、規則的に生理が来ている方の場合は、生理が終わった日から数日経つと、基礎体温が明らかに下がっている日がグラフに表れると思います。
この体温が下がった日そのものは、目安であって、排卵日であるとは限りません。
体温が下がった日を中心として、前後3日間のうちに排卵が起きていると考えられます。