NG

妊活とツボ

妊娠しやすい身体を作るために、妊活の一環としてツボを押すのもおすすめです。どこのどういったツボが身体に良いのでしょうか。

・足裏にあるツボ
足裏のちょうど中央部分、土踏まずの少し上にあり、足の指を折り曲げるとへこむ部分にある、湧泉(ゆうせん)というツボがあります。
湧泉(ゆうせん)は、筋肉の疲労を取って元気になるという効果があります。
また妊娠にとって大敵ともいえる、お腹周り、子宮などの冷えを取ることで、生理不順などに効果があるともいわれています。
親指でゆっくりと3秒押して、3秒戻す、という動作を繰り返して押してみましょう。

・頭にあるツボ
耳の後ろ、真ん中ほどに膨らんでいる部分のくぼみにある、頭竅陰(あたまきょういん)というツボは、めまいなど、平衡感覚などに効くツボとされています。
その他にも、腰痛の緩和にもつながるなど、股関節に良い効果があります。
さらに、首の裏側、髪の生え際のぼんのくぼから、親指約1本分下の場所にあるツボ、天柱(てんちゅう)は、疲労を回復させるという他にも、自律神経のバランスを良くするという効果があります。
上を向いて、少し痛気持ちいいくらいの圧をかけて、親指でゆっくり押すのがおすすめです。